紫外線から肌を守る為に

紫外線から肌を守る為に

シミそばかすを生み出す紫外線

シミそばかすの原因は紫外線であることは間違いありませんよね。
特に日焼けするほど浴びれば、
シミそばかすが出来るのは当たり前です。

 

紫外線は肌組織を損傷させます。
肌にとって良いことは一つもありませんし、
人間の肌は賢いので、紫外線から肌組織を守るために防衛機能が備わっているんです。

 

 

紫外線を浴びると肌は「メラニン色素」を作り出し、シミやそばかすになってしまいますよね。
このメラニン色素、全くいらない存在じゃないのかと言えばそうではないんです。

 

不必要なようで必要な存在。シミそばかすを消したいと思っても、
注意して対処しないとメラニン色素の存在を消してしまったほうが、
シミそばかすより厄介なことになるんですよね。

 

 

 

〜紫外線の種類について〜

 

紫外線には、「UV-A波」と「UV-B波」というものがあります。

 

UV-A波はエネルギーが弱く、ガラスでも通り抜けることができて、
私達はそれを浴びると日焼けの時に肌の色が変わる黒ずみを起こします。

 

UV-B波はエネルギーが強く、私たちが浴びるとヒリヒリとした日焼け独特の症状を起こします。

 

そして、この2つの紫外線派を受けると、
肌は紫外線に対する防衛機能としてメラニン色素を過剰に形成します。

 

メラニン色素はUV-A波から肌組織や肌細胞を守るために、活躍しますが、
そのまま残ってしまうとUV-A波の影響で黒ずみを起こし、
シミそばかすになります。

 

 

そばかすはそういったシミができる要因から、
プラス遺伝的要素を受けて
若いうちから出始めます。

 

早い人は5歳の頃からそばかすが出始めるそうですが、
そばかすはホルモンバランスの影響も受けるようなので、
シミよりも消しやすい存在です。

 

 

エネルギーが強いUV-B波は、
肌にとって不必要な刺激であると肌は理解しています。

 

紫外線を浴びると
赤くなる、ヒリヒリする、熱が出る、水ぶくれが出るなど、
色の白い方に多い症状ですが、
そういった症状が出る方は、
特にUV-B派の刺激を受けやすい人です。

 

 

 

〜紫外線対策と言えば〜

 

 

シミそばかすを消したいのなら、
今から受ける紫外線は徹底的に対策していかなければいけません。

 

シミそばかすの上にさらに紫外線を受けると、
せっかく消す為に行っている行為も無駄になります。

 

 

 

紫外線が強くなる時期は、今だと3月の中旬ごろでしょうか。
昔はもっと遅かったような気もしますが、
紫外線のピークはだいたい4月〜9月終わり頃ですね。

 

この時期は紫外線対策の為に
日焼け止めや日傘などを使うことが最善ですが、

 

日焼け止めもご自分の肌に合うものを使うようにして下さい。

 

ビタミンAやビタミンC、ビタミンE
ポリフェノールなど、
紫外線から肌を保護する作用があるものは活用していくようにしましょう。

 

 

【参考情報】
→ 自宅でできるセルフケア「シミ・そばかす」対策化粧品
詳細はコチラ

 

 

 

紫外線から肌を守る為に関連ページ

シミそばかすを消したい方へ
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかすを消したい方へ向けての情報をお伝えしております。
シミそばかすが消えないのはどうして?
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかすが消えないのはどうして?と言うことについてお伝えしております。
シミそばかすを消す為に効果的な食事
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかすを消す為に効果的な食事についてご紹介しております。
美白化粧品の役割・選び方
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかす対策で必要な美白化粧品の役割・選び方についてご紹介しております。

ホーム RSS購読 サイトマップ